mat15/21-28

説教 マタイによる福音書15章21~28節
「パン屑をいただく信仰」

 主イエス・キリストはひとりの女性にむかって、「婦人よ、あなたの信仰は立派だ、あなたの願いどおりになるように」と仰せになりました。

立派である、とは「大きい」ということです。
主イエスはときどき、弟子たちに、信仰の薄い者たちよ、と仰ってお叱りになりましたが、それは小さいということです。その反対が立派なと訳されている大きいという言葉です。あなたの信仰は大きい、立派だと仰せになったのでありました。
主がお喜びになった、この婦人の信仰について心を留めて、神さまを賛美したいと思います。

場所はティルスとシドンの地方とありますが、現在のレバノンという国、その地方のことです。そこには、カナン人が住んでいたようです。イスラエルの人々からみれば外国人、異邦人です。
主イエスは、ガリラヤを離れて、その地方に来ておられたのでした。

幼い娘が汚れた霊にとりつかれていた、と記されています。手のつけられないような重い病に犯されていたのでありましょう。
この女性は主のところまでまいりまして、「主よ、ダビデの子よ、わたしを憐れんでください。」と叫んだのでした。
ダビデの子とは、ダビデ王の子孫から生まれるメシア、救い主を表現する言葉です。旧約聖書にその言葉の起源がありまあす。神に選ばれた民イスラエルを救う者。それがダビデの子です。
当時、イスラエルの人々はその出現を待っていました。自分たちの誇りを回復し、国が復興されることを期待していました。
カナンのこの女性は、主イエスをダビデの子と呼び、助けを求めました。
自分は異邦人であるにも関わらず、イスラエルの人々が期待を寄せるメシアの名を呼んで、主イエスに助けを求めたのでした。
なりふりかまわずに、助けを求めているようにも見えます。その姿に、藁をもつかむような母親の思いを読み取ることもできるかもしれません。
そうだとしても、不思議なことに、この女性は、主イエスをダビデの子と呼び、異邦人であるにもかかわらず助けを求めることができる、そう信じたのでありましょう。

ところが、主イエスは何もお応えになりませんでした。黙っておられました。
その主の沈黙にも関わらず、なお女性は大声で叫んで、後に付いてまいります。それで、弟子たちは、この女性を追い払ってくださるようにと、主イエスに願うのでした。

「追い払う」と訳されているこの言葉ですが、解散させる、とか、解き放つ、あるいは、放免する、拘束を解いて自由にする、という意味の言葉です。
「追い払う」と翻訳されるのは、この箇所だけです。

力づくで、強制的に、追いやり、引き離すということではなさそうです。
力づくでといえば、弟子たちこそ、力ずくで、何度も彼女を追い払おうとしたのではいでしょうか。しかし、少しもめげずに、この女性は叫び続けて、ついてくる。
主イエスご自身が、この女性にむかって、あきらめて帰るように諭すか、手を差し伸べて、娘をお癒やしになる以外に、手の打ちようがなかったのではないでしょうか。

その時、主イエスは、「わたしは、イスラエルの家の失われた羊のところにしか遣わされていない。」とお答えになりました。
イスラエルの家の失われた羊、とは国の復興を願うイスラエルの人々、ことに、そのイスラエル人の中で、その誇りを捨ててしまった人、失われたイスラエル人のことを指しています。
ですから、弟子たちは、この言葉によって主イエスが叫び続けるこの異邦人の女性を、きっぱりと拒否されている、ダメだと言い放ったのだと思ったことでしょう。

しかし、女性はこの言葉を聞くと、主イエスのところに来て、その前にひれ伏し、「主よ、どうかお助けください」と言ったのでありました。
ひれ伏す、とは礼拝するということです。主を礼拝したのでした。
私どもが、主の日ごとに礼拝をささげるように、礼拝したということです。
私どもが礼拝をささげるのは、神さまが私たちを招いていてくださるからです。神さまが招いてくださるのでなければ、どんなに、わたしたちが求めたとしても、神さまを拝することはできません。
また、私たちは喜びをもって、感謝をたずさえて、礼拝をささげます。神を喜ぶのです。
その礼拝と同じように、この女性は主の前にひれ伏し、礼拝し、「主よ、どうかお助けください」と言ったのであります。

主イエスは、この人に向かって、重ねて、「子供たちのパンを取って小犬にやってはいけない」と仰せになりました。
これもまた、女性を突き放しておられう、そんな印象を与える言葉です。もしかしたら、この時、一瞬のこと、息が止まるような静けさ、沈黙が、その場を包んだかも知れません。
すると、この女性は、「主よ、ごもっともです。しかし、小犬も主人の食卓から落ちるパン屑はいただくのです。」と応えたのでした。
これをお聞きになって、主は「婦人よ、あなたの信仰は立派だ、あなたの信仰は大きい、あなたの願いどおりになるように」と仰せになったのでありました。

ある神学者が、信じるとはどういうことか、問いまして。次のようなことを書物の中に記しておられます。
信仰とは「立ち止まって沈黙して礼拝することである」そのようにして神の前に立つということです。神の義を受け入れ、神の前に自分がいるのだということをわきまえて立つことです。そして、神の義がどのようにして現れたかを聞かなくてはならない、見なくてはならない。 そのようにして、今、自分の前におられる神さまを拝む、神を神として敬う。礼拝する。信じるとはそういうことである、そう申しました。
神の義の前では、わたしたちは深い罪を思い知らされます。自分がいかに罪人であるかということを知らされ、神の義の前であらゆる口はふさがれるのです。人は沈黙せざるをえない。黙って、神の前に立ち止まるしかない。そして神の言葉にひたすら聞く。それが信仰だというのです。

27節の言葉は、一瞬であったとしても、その沈黙の静けさの中から、静かに語り出された言葉ではなかったかと思います。
「主よ、ごもっともです。しかし、小犬も主人の食卓から落ちるパン屑はいただくのです。」
以前に用いておりました、口語訳聖書は、「主よ、お言葉どうりです。でも、小犬も主人の食卓から落ちるパンくずは、いただきます」。となっていました。

この女性は、主イエスのお言葉を飛び越えて、あるいは、主の意に反して、主イエスから哀れみを引きだそうとしているのではありません。そうではなくて、主の言葉の前に立たされたその沈黙の中で、彼女は正しく主のお言葉を聞き取り、語り出したのでした。

ギリシャ語の聖書を読みますと、ここで「しかし」と訳されている言葉は、「ですから」とか、「そして」とも訳すことができる言葉です。次のように翻訳しても良いのです。「主よ、お言葉どうりです。ですから、小犬も主人の食卓から落ちるパン屑はいただくのです」。

この女性は主のお言葉を聞き取って、小犬、食卓の下にいる小犬、と自分を言い表しています。
それは、自分が異邦人であるということを言い表しています。
イスラエルの人々は異邦人さげすんで「犬」と言いました。汚れたもの、罪人と同様な人々、神の救いのみ心から取り残された人々だといって区別していました。
いま、この女性は「小犬」であると自分を言い表しています。罪人として、誇りうる何物をも持っていないものとして、主の前に自分を言い表すのです。
しかし、小犬は大切にされます。自分は汚れたもの、罪人であるけれども、神が自分を認めてくださるのだということを、主のお言葉の中から聞き取っているのです。

主イエスは、この女性の言葉をお聞きになって、「あなたの信仰は立派だ、大きな信仰である」と仰せになりました。
神の前にふさわしさを何も持ち合わせていない。小さなもの。しかし、この自分を神さまが憐れみ、顧みていてくださる。その主の前にひざまずき、ひれ伏して、助けを求めたこの女性の信仰を、立派である、大きな信仰であると仰せになったのでありました。

ある人が、こんなことを言っています。
私たちは、神の救いのご計画の驚くべき不思議さの前に立っている。イスラエルを愛して、選びの民とし、その民を通して備えられた、神の救いのご計画、それは驚くべき不思議な取り計らいではないかと言うのです。
東洋の東のはてに住む異邦人である私たちが、教会に導かれ、キリストを礼拝し、その救いに与っているということは、不思議なことです。
そして、その救いは、神がイスラエルのためにお遣わしになった主イエス・キリストから出ているのです。

主イエスが、とりたててイスラエルの人々のために遣わされたというのは、どういうことだったのでしょうか。それは、聖書が至るところで語っているように、イスラエル、神の民によって、神の子、主イエスが十字架につけられるためでありました。そのようにして、神はイスラエルをお救いになろうとされたのです。ひとり子をイスラエルの人々の手による苦難と死の中にお遣わしになることによって、神はイスラエルを愛されたのです。

なぜ、そのようにして神はイスラエルを愛されたのでしょうか。イスラエルの罪を赦し、お救いになるためです。神が、失われたものをたずね求め、その苦難をとおして、その民をご自分のものとするためです。
ですから聖書をとおして次のように教えられるのです。イスラエルは、神の選びの民、神の民です。その選びの民において、神の前における人間の最も深い罪があらわされた。だれも、文句を言えないほど、人間は神に対して逆らっているものだということが、明らかにされたのです。
神の民の中で、人間の罪が明らかにされたのです。そして、そこで、そこにおいて、神の愛と、ゆるしと、あわれみは、輝きだしました。

食卓の子どもであるはずの、イスラエルの人々に備えられた救いは、神のあわれみと、恵みの賜物です。イスラエルの人も、謙遜な心で、それを受け、信仰をもっていただくべき、恵みであります。
そして、そのような救いがイスラエルの民の中から豊かにこぼれ落ちるのです。

とるに足らない、なんの資格もなり、小さな者。異邦人であるひとりの婦人が、しかし、主イエスとそのお言葉に接して、神さまが恵み深くいてくださり、顧みていてくださるのだということを信じたこの婦人の信仰を、主イエスは大きな信仰、あなたの信仰は立派だと仰ってお喜びになったのでありました。