Mk1/14-15

説教要約を浜松元城教会ホームページ、説教:マルコによる福音書1章14-15節でご覧になれます)

説教 「イエスの使信」  マルコによる福音書1章14-15節

「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」。
主イエス・キリストが福音を宣べ伝えられてお語りになった最初のお言葉です。また、主のみ教えを代表する言葉でもあります。

「時は満ちた」。これは、説明の必要がないほどですが、神のご計画が万端整って、いよいよその時となったということです。
聖書のギリシャ語では「時」を言い表すのに、二つの言葉があります。ひとつは「クロノス」という言葉です。英語のクロック「時計」という言葉の元になっている言葉です。時間のある一点や、一区切りのことを言い表します。私たちがごく普通に、時とか時間と言っているのは、このクロノスです。過ぎゆくものとして、私たちが自覚している時の流れです。
しかし、もう一つの言葉があります。「カイロス」という言葉です。これは、ある特別な意味を持っている時や時間のことを言い表します。潮が満ちて海が満潮になるように、押し寄せてくる、満ち満ちる時、それがカイロスです。
「時が満ちた」。主のお言葉はこのカイロスという言葉が用いられています。

こういうことを知りますと、わたしたちは時ということを改めて深く受け止めなければならないように思います。
わたしたちは、時は過ぎ行くもの、と考えます。あるいはまた、時は始めもなく終わりもない、その時の流れの中に、わたしたちの儚い人生はほんの一瞬留まるだけで、時の流れの中にのみ込まれるのだ。そう思っているかも知れない。
けれども、そうではありません。時は、神のご計画の中にあります。時は神さまによって創造され、神さまの御手の中にある、聖書はそう語るのです。
神の御手の中にある時、その時を、わたしたちは生かされて生きるのであります。

次に、「神の国は近づいた」と言われました。
「神の国」。これも大切な言葉です。マタイ福音書を読みますと、「天国」と記されています。天国というと、一般には「理想郷」「夢のような世界」というイメージがつきまといます。あるいは、この地上の生活が終わって、正しい人、善人が迎えられるところである、と勝手に考えたりいたします。
しかし、そうではありませんで、「神の国」とは、神のご支配、ということです。ギリシャ語でバシレイヤと言います。今日は、聖書のギリシャ語をいくつもご紹介するようで申し訳ありません。ただ、大切な言葉ですので、取り上げております。
この神の国、あるいは神の支配と翻訳されるバシレイヤという言葉は、「神の御手」と言い換えることもできます。「神の御手がおかれる」、神の義と愛と平和によるご支配、恵み深い神の御手によるご支配、それが神の国です。

その神の国が「近づいた」、と主はお語りになりました。
「近づいた」。これは、わたしたちを悩ませる言葉ではないかと思います。
わたくしは聖書を読み始めて、ずっとこの言葉がピントこなくて悩んでおりました。
大変、冷たい言葉のようにも思われました。近づいた、言葉を換えると、まだ来ていない、ということにもなりましょう。そして、それは無限に近づくけれども、いつまでも来ない、そういう響きを感じ取っていたのです。

しかし、それは、間違いでありました。
「近づいた」とは、はっきりと「来た」「到来した」と訳してもよいようです。
ある英語の聖書は、「has come」と翻訳しています。
寒い日々を過ごしていたとき、ふっと少し暖かな風を感じる。春の気配に気づき、春が来た、と喜ぶように、神の国は来た、と主は仰せになったというわけです。

日本語でも「来た」と言い表します。
それは、必ずしも目の前に到着しているわけではない。まだ、遠くにあったとしても、「来た」と言い表すことがあります。
例えば、駅で汽車を待つ時のことを考えればよいと思います。
汽車を待つ人は、プラットホームの待合室やベンチに座っています。立っている人も、カバンなどの持ち物を下に置いて、たばこを吸ったり、新聞を読んだりしています。一言で言えば、ダラダラとして時間をつぶしているのです。子どもたちは、待ちきれない思いを抱きながら、まだかまだかと、遠くを見ている。
しかし、その見ている遠くに汽車を発見すると、子供たちは「汽車が来た」と叫びます。「汽車は近づいた」などとは言いません。「汽車が来た」と言います。そして喜ぶのです。まだ目の前のプラットホームに汽車は到着していないのですが、「来た」のです。それが、正しい日本語です。
そして、プラットホームでは次のようなことが起こります。新聞や雑誌を見ていた人は、それをたたみ、また、たばこを吸っていた人は火を消し、下に置いていたカバンを手に持って、汽車に乗り込む体勢をとるのです。
すなわち、「来た」ということは、まだそれが目の前に来ていなくても、そのものとわたしたちとの間に密接な関係、関わりが生まれた、ということを言い表すのであります。
この日本語のニュアンスが、イエスさまのお言葉「神の国は近づいた」というお言葉と同じなのだそうです。

主は「神の国が近づいた」神が私たちに近づいて来てくださる、と仰せになりました。そこでは、まだ、あるいは、いまだに、という留保がありますが、しかし、神の国とわたしたちの間には、切っても切れない、深い関わりが生まれているのです。
ある人が、こう言い換えています。「神の国が近づいた」すなわち、主イエスさまがおいでになることによって、神様の御手がいよいよあなた方のところにさしのべられ、神様の恵みの光があなたがたのところに射し込んできたのである。」

主は、続いて、「悔い改めよ」と仰せになりました。悔い改めとは、神様のほうに心を向けなおして、その語られる救いの喜びの知らせを信じる、と言うことです。
射し込んできた恵みの光、その光の方に向きをかえる。主は、その光を思う存分浴びなさい。神さまの御手がおかれたのだから、その御手のもとに自分を置きなさい。そうお語りになっておられるのです。

イギリスの人でCSルイスという児童文学者がおられました。「ナルニア国物語」は代表的な作品です。この方は、文学者というだけではなくて、平信徒ではありましたけれども、優れた伝道者で、キリスト教の教えを伝え、あるいは、必要があれば弁明をした人です。
このルイスの書き残した作品の中に、「天国と地獄の離婚」という題の物語があります。「天国と地獄の離婚」。それは、天国というのは地獄とははっきりと違った道をたどるものだ、ということを表現しようとしています。天国を選び取らなければならない、地獄を捨て、天国の道を選び取らなければならないと、物語を通して伝えているのです。

こんなことを書いておられます。捨てなければならないものを捨てることについては、「また別の日にしてくれ」と人は頼むかも知れない。しかし、「別の日などはない。」のだ。すべての日、すべての時は、今という時だから。
「神さまにとっては、すべての日が現在なのです。神さまは人が昨日したことをそれが過ぎ去ったこととして覚えているのではありません。今、見ていらっしゃるのです。なぜなら、人間は前日を失ってしまいますが、神さまは失っていないからです。また、神さまは人が次の日に行うことを予め予見するのでもありません。今、見ていらっしゃるのです。なぜなら、明日は人間にとってはまだ来ぬものながら、神さまにとってはもう今在るものだからです。」
この世を天国にむつぶとすれば、この地上の時の流れのなかにいる時から、人は天国を選び取るのを先延ばしにすべきではない。先延ばしと天国とは相容れないのです。
ルイスは、そう記して、今という時に、天国を選び取る決断を、神さまは人にお求めになっておられる、と語っています。
そして、さらにこんなことを言っています。
「しかし、人間は、生まれ変わることを躊躇するものである。」「わたしたちの内なる自然の命は、自己中心です。そして、特に、ほおっておいてもらいたいと思うものです。自分よりも強いもの高いもの自分自身を小さく感じさせるものすべてから、すっかり遠ざかっていたいと思うものです。精神的な世界の光や空気を恐れる。もし、いったん精神的な生活に捕らえられてしまったら、自分の自己中心性と自分勝手な意志は皆殺されてしまうことを知っているからです。」

天国を選ぶことが、本当は人間にとっては最も困難を覚えることなのである。人は自己中心的な存在だから、そう言うのです。
そうだと思います。自分のことを振り替えて、そう思うのです。

そこで、主イエス・キリストは「悔い改めよ」と仰せになりました。
恵みの光が射し込んできたのだから、その光の方に向きをかえて、光を思う存分浴びなさい。神さまの御手がおかれたのだから、その御手のもとに自分を置きなさい。それは悔い改めである、と仰せになります。

そして、「福音を信じなさい。」とお語りになりました。福音、喜びのおとずれ、を信じなさいと。

もうここで、福音とは何か、ということをお話する必要はないと思います。
ただ、マルコによる福音書が、いつ、どこで、この言葉をお語りになったのかを伝える言葉に心を留めたいと思います。そして、福音、喜びのおとずれ、を受けとめたいと思います。

14節をご覧ください。「ヨハネが捕らえられた後、イエスはガリラヤへ行き、神の福音を宣べ伝えた。」そう書かれています。

三つのことを記憶していただきたいと思います。一つは、「ヨハネが捕らえられた後」という言葉です。
これは、ヨハネの時が終わった。そして、イエスさまの時が来たということを伝えていますが、それ以上のことを語っています。
バプテスマのヨハネは、後に記されることでありますが、時の王ヘロデが神の律法にそむき、兄弟の妻を奪ったことを激しく非難したために、捕らえられ、、ついには首を切られて殺されてしまいます。
ヘロデ王は決してヨハネを軽蔑するような人ではなかったと思います。かえってヨハネのような人を尊敬さえしていたふしがあります。しかし、神の国の到来を告げ、悔い改めを迫るヨハネを殺さざるを得ないのであります。
そういう出来事が生々しく伝えられる、思い起こさせる。その時に、主は神の国の福音を宣べ伝えられた、というのです。

二つ目のことは、「捕らえられた」という言葉です。この言葉は、しょっちゅう登場する言葉ではありません。この箇所の外には、ただ一つ、特別な出来事を伝える時に、マルコ福音書では用いられます。それは、主イエス・キリストが捕らえられ、十字架に引き渡される時です。
マルコ福音書を繰り返し読む者は、この「捕らえられた」という言葉からすぐに、主の十字架のことを思い浮べます。マルコ福音書は、はっきりと、私たちの贖いのためにご自身をささげてくださった十字架のことを思い起こさせているのです。
ヨハネと主イエス・キリストとを重ねて、ここで福音を宣べ伝える方は十字架にご自分をお渡しになった方である、ということを、この最初のところから示しています。

三つ目のことは、「主はガリラヤに行かれた」ということです。
ある聖書は「ガリラヤへ来られた」と訳しています。行ったというのではなくて、来られた。どちらも、翻訳としては間違いではありません。しかし、「来られた」というのは、味わい深い訳だと思います。
ガリラヤは、わたしに従ってきなさいとのお召しに従った弟子たちの出身地です。弟子たちの生活の場所、それがガリラヤです。ただ単なる地名ではありません。主に従う者たちの生活の場所、そういう象徴的な意味を持っています。
さらに、マルコ福音書は、最後のところで、すなわち、主のご復活を伝える箇所で、復活の主が、ガリラヤで弟子たちにお会いすると仰せになったと伝えています。
そうだとすれば、ガリラヤとは、主に従う者たちの生活の場所、そのただ中、そして、そこは復活の主にまみえる場所のことになります。
ヨハネ福音書の中に、復活物語ですが、恐ろしくて弟子たちが戸を閉め切ってある家の中にいて、そこに復活の主が入って来られ、「平安があるように」と仰せになった、ということを伝えています。同じように、ガリラヤに、復活の主がきてくださる。
ですから、イエスさまは「来られた」。このわたしたちのところに主は来てくださった。そう読みとって、「ガリラヤに来られた」と翻訳する聖書があるのだと思います。

ヨハネが捕らえられた後、イエスはガリラヤへ行き、神の福音を宣べ伝えたのでした。そして、言われました。「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」