Mat1/18-25

説教 マタイによる福音書1章18-25
「引き裂かれる魂の中に」

マタイ福音書は、ヨセフの立場から書かれていると言われます。
キリストのご降誕の物語に、ルカ福音書とは違ってヨセフが前面に出てきています。

どちらかと言うと、わたしたちはルカ福音書を中心に主のご降誕の物語を記憶しているのではないかと思います。 天使たち、天の軍勢の讃美や、地上の人々のほめ歌で綴られるその物語の美しさもさることながら、神が人となりたもう、その出来事に直接立ち会い、決定的な役割を担ったのはマリアのほうだと考えます。ですから、どうしてもわたしたちの気持ちはマリアに向けられるのではないか、と思います。
そして、主の天使のみ告げを聞き、思いがけない出来事に戸惑いながらも、純真な心でこれを受け入れたマリアの美しさに、どうしてもわたしたちの心は引きつけられるのであります。

しかし、マタイ福音書はそのマリアではなく、主イエス誕生の出来事の中で、二次的な小さな役割しか果たしていないと思われるヨセフのほうに視線を向け、これを伝えています。ヨセフがマリアを妻として迎え入れたこと、そして、幼子をイエスと名付けたということが、大切な出来事として記憶されるのであります。
今日は、父となるヨセフのことを心に留めて神さまを賛美したいと思います。

婚約中のマリアは、身ごもっていました。まだ、二人が一緒になる前のことです。ヨセフはマリアのことを表ざたにするのを望まず、密かに縁を切ろうと決心していたのでした。
すると、天使が夢に現れ、マリアのお腹の子は聖霊によって宿ったこと、そして、恐れず妻マリアを迎え入れるようにと、告げました。
ヨセフは眠りから覚めると、妻マリアを迎え入れ、その子をイエスと名付けた、というのであります。
子供の誕生に際して、男親ができることというのは、女親に比べれば、小さなことです。
まして、幼子は聖霊によって宿った、というのですから、ヨセフの存在はまことに小さなものです。
しかし、マタイ福音書は、このヨセフに無くてならない大切な役目があって、彼はそれに仕えたということを伝えています。
それは、妻マリアを迎え入れたこと、そして、赤ちゃんに名前を付けたということであります。

「イエス」、その名は「主なる神はわたしたちの救いである」という意味です。
「主は救い」それが幼子の持っている意味です。そして、夢にあらわれた天の使いは、「この子は自分の民を罪から救うからである」と伝えました。
神の民、イスラエルは贖われ、その罪から解放されなければなりませんでした。神がお選びになった民、そして、祝福の基とされた民、その民は、それに相応しく歩むことが出来ませんでした。不甲斐ない、愚かな歩みを続けるほか無かったのでした。
しかし、神はその民を顧み、その罪を赦し、贖うというのです。

そして、このことは、預言者イザヤの語った言葉の成就であると記されています。
「見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。
その名はインマヌエルと呼ばれる。」
インマヌエル、神は我々と共におられる、という意味です。

この言葉は、旧約聖書イザヤ書7章14節に記されています。
神を信じられず、神にアーメンと応えることのできないアハズという王さまに対して、告げられました。
アハズ王というのは、エルサレムを都とするユダ、ユダヤの国の王さまです。
その時、この国は危機に直面していました。近隣の二つの国、スリヤと北イスラエルがエルサレムを攻め上ろうとしていたのでした。王アハズは森の木々が風に揺れ動くように動揺しました。
南や北や世界の情勢を見極め、どこかに助けを求められないかと考え、揺れ動いたのであります。
預言者イザヤは、その時、ユダの国に、神の都エルサレムに、信仰のないことを見抜きます。そして、信仰を求めるようにと、遣わされたのでした。

預言者イザヤが求めた信仰とは、「神のなさることを見る」ことでした。
神がユダをお立てになったのです。神がご支配なさるのです。落ちついて、神のなさることを見なさい。神のご支配にアーメンと応え、そこにしっかりと立ち、確かさを得よ、と告げました。

そして、預言者は、さらに、こうも申しました。
「主なるあなたの神に、しるしを求めよ。陰府のように深い所に、あるいは天のように高い所に」。
問題や困難は目の前の現実です。生活の直中のことであります。しかし、解決は生活の中にころがってはいない。もっと深い所に、もっと高いところにある。
陰府のように深い所、あるいは天のように高い所。
このように、落ちついて、静かにして、神のなさることを見よ、と預言者は語りました。
しかし、アハズ王は、預言者の言葉を聞き入れることができませんでした。人間的策略の方が確かに思えたのです。

神の救いを待つことのできないアハズ王、それは、わたしたちの姿でもあります。
神を信じられず、神にアーメンと応えることのできない者のために、預言者イザヤは、「見よ、おとめが身ごもって、男の子を産み、その名をインマヌエルと呼ぶ」。と語りました。
神はその民を顧み、贖ってくださる。神我らとともにいます、と。

ヨセフに告げられたことは、この預言者の言葉の成就だというのです。
ヨセフも、また、その時、揺れ動き、悩みの中にありました。
すでに婚約をしていた、いいなずけが身ごもっていたからです。
18節に「聖霊によって身ごもっていることが明らかになった」とあります。以前用いていた口語訳聖書は、「聖霊によって身重になっていた」と翻訳しておりましたが、私どもの聖書は、より原文に即したものとなっています。「聖霊によって身ごもっていることが見つかった」ということです。
それは、聖霊の働きが見えたというのではありません。そうではなくて、身ごもっていることが明らかになった、ということです。
マリアは聖霊によって身ごもりましたが、聖霊によってということは、しかし、まだヨセフは知らなかったのであります。
ヨセフが分かったのはマリアが身ごもっているということでした。それが、18節の言葉の意味です。

ここで言う婚約というのは、縁を切る、離縁という言葉と結びついておりますように、今日の私たちが考えている婚約とは違って、肉体的な関係はまだ持っていないけれども、それ以外のことにおいてはほとんど夫婦と同じような生活をすることを意味したようです。
ですから、その間に他の男と、肉体的な関わりを持ったりすることは、結婚の後の姦淫と同じ大きな重い罪と考えられました。
「ヨセフは正しい人であった」と書いてあります。律法の戒めをきちっと守っていたに違いありまあせん。マリアと肉体的な関係を持っていなかったことは明らかです。それにもかかわらず自分の婚約者に子が宿ったのであります。
ヨセフのマリアに対する愛がどんなに深く傷ついたか想像にかたくありません。

しかもそのことだけで悩んだのではなさそうです。これにどう対処すべきか、思い悩んだのでありました。
その結果、19節にあるように、「夫ヨセフは正しい人であったので、マリアのことを表ざたにするのを望ます、ひそかに縁を切ろうと決心した」のでした。

それは、どのようなことを意味しているのでしょうか。
素朴な読み方といましょうか、一つの解釈は、ヨセフは正しい人で、自分のいいなずけが、まだ婚約中なのに妊娠したのですから、そんな不名誉な恥ずかしいことが公になったら困る。
そう考えて、マリアと縁を切ってしまうことを考えた。それが一つの解釈です。
確かに、普通なら、ヨセフはマリアを妻に迎えることはできなせん。マリアが夫である自分と関わりなく子どもを宿したということは、律法にそぐわないことであり、結婚することは、その間違いを受けいれてしまうことになるからです。

しかし、ヨセフは自分の正しさを守ろうとしたのでしょうか。それだけではなさそうです。
「正しい人」と訳されている言葉ですが、この言葉にはもう一つの意味があります。「情け深い、あるいは善意のある人」という意味です。
「隣人に対して思いやりのある立派な人という意味で用いられます。
そうだとすると、ヨセフが「マリアのことを表ざたにすることを望まず、ひそかに離縁しようと決心した」とは、ヨセフが自分の正しさを守ろうとしたということだけではなく、婚約者マリアへの思いやり、情け深い心で、問題を解決しようとしたということであります。

「表ざたにする」とありますが、それはマリアが裁かれるということを意味しています。当時のおきてに従えば、マリアは裁判にかけられて、そして殆ど確実に死刑にされる。いいなずけの夫を裏切ると、石をもって殺されても止むを得なかったのです。
ヨセフはそれを好まなかった。それをしてはいけないと思った。そこで、密かに縁をきることが、マリアのためになる、そう考えたのでした。

身重になったマリアを受け入れることは、律法に照らしてできません。さりとて、マリアが裁かれるというのも忍びない。どうすればよいか、離縁し、マリアの妊娠の責任を自分が負えば良いと考えた、ということです。

婚約者が身重になる。人々は、ヨセフの子どもを宿したと考える。しかし、ヨセフはそのマリアと離縁する。マリアへは人々の同情が集まり、ヨセフには非難が集中します。
しかし、その非難を身に受けて、ヨセフはマリアを守ろうとした、ということです。

しかし、そのような結論を出すために、ヨセフは、すんなりと、とんとんと筋道を立てて、結論を出してしまったわけではないだろうと思うのです。
私たちもまたこれに似たことをいろいろな形で知っています。親しい者との愛の生活に、私たちは一方でどんなに大きな喜びを見出すことでしょうか。そして他方において、どんなに深く傷つくことでしょうか。特にそこに愛が見いだせなくなった時に、そこで一緒に生きることはもうできないのだという思いを抱いたときに、どんなに心深く悩むことでしょうか。しかも誰にもそれを言うことができないのであります。
救い主誕生の知らせは、そのようなまことに人間的な、しかし深い魂の悩みの中に、告げられました。

「ダビデの子ヨセフ、恐れず妻マリアを迎え入れなさい。マリアの胎の子は聖霊によって宿ったのである。マリアは男の子を産む。その子をイエスと名付けなさい。この子は自分の民を罪から救うからである。」
張り裂け、引き裂かれる人間の魂の中に、神の救いが告げ知らされるのであります。
そして、その民を罪から救う幼子か備えられたのであります。

そうだとすれば、この「神が我々と共におられる」という出来事は、なんと壮絶な出来事だったことでしょうか。
ある人が、このインマヌエルの内容について、十分ではないにしても敢えて語るとすれば、と言って、不治の病で死のうとしている子供を看取る母の思いに譬えることができるかもしれない、と申しました。その母は「もし代われるものなら、この子のために身代わりとなって死んでやりたい」と心の底から切に願うことでしょう。しかし、どんなに激しく願ってみたところで、母がその子に成り代わることはできません。しかし、神はその全能の御力、御霊の御力をもって死に赴くべき罪人である私たちを贖うために、身代金として、御子を私たちのもとにお送りくださったのです。それほどに神は私たちを愛し抜いてくださった。それがインマヌエル、「神は我々と共におられる」ということの中身だったのです。

「深い淵の底」にあって、主よ、と神を呼ぶことができない人間のところに、無限の彼方から神が来られたのでした。
この世に人となって愛の主が激しく突入して来られた。それが、インマヌエル、神はわれらと共におられる、という出来事でありました。

その救い主誕生の知らせが、神を信じられず、神にアーメンと応えることのできない者に、そして、まことに人間的な、深い魂の悩みの中に、告げられました。

それで、主の使いが命じられたとおいりに、ヨセフはマリアを妻に迎え、幼子をイエスと名付けたのでありました。