11/5の礼拝説教より

(半年ぶりの説教です。主にある友情と忍耐とをもってお支えくださった教会の皆さまに感謝し、御名を賛美いたします。)

説教 ヨハネによる福音書2章1ー11節
「水がぶどう酒に」

主イエスが最初になさったしるしです。
しるしとは、この不思議な出来事を通してイエスというお方の真実が示されているということです。
「三日目にガリラヤのカナに婚礼があって」と書き始められています。
「三日目」という言葉に目がとまります。主のご復活の日を思い起こさせます。ヨハネ福音書は、この出来事を伝えるときに、すでに、復活の光が射していたのだと、語っているようです。

カナという村は、主イエスのお育ちになったナザレのごく近く、北に歩いて2時間ほどの所にあった、と言われています。そこには、主のご家族と親しい間柄にある家があり、その一つの家庭で、婚礼が行われたのでありましょう。

当時の婚礼は、春であれば麦刈りの後に、秋であればぶどうの収穫の後に行われたと言われています。そして、祝いの宴は一週間にも及びました。


主イエスはトラブルメーカー

「イエスの母がそこにいた。イエスも、その弟子たちも婚礼に招かれた。」と記されています。

この、喜ばしい祝いの席に、ぶどう酒は無くてならないものでした。
「ぶどう酒のないところには喜びはない。」という言い草があったと伝えられています。とっておきのぶどう酒が、特別な祝いの席に振る舞われる。そして、喜びが満ちる。
普通は、最初に一番よいぶどう酒を出すのが慣わしでした。
ところが、思いがけないことが起こります。ぶどう酒が底をついてしまったのです。
ぶどう酒が尽きてしまえば、祝いの宴はおしまいです。おとめたちは踊りを踊って祝うことも出来なければ、若者、老人たちも陽気に楽しむこともできません。あたかも満ちていた潮が一気に引くように、婚礼の喜びは引いていってしまう。接待をしていた人々の、青ざめた顔が、目に浮かぶようです。

続きを読む →

4/9礼拝説教より

 

アリマタヤ出身のヨセフという人が主の遺体を引き取りました。

マルコによる福音書15章43節以下

ある説明によりますと、ヨセフが主の遺体を引き取ったというのは、安息日に汚れていてはならないという旧約聖書の律法に対する忠実からなのだ、といいます。

しかし、ヨセフは、それだから、主イエスの遺体を引き取ったのでは、ありません。布で遺体を巻き、墓に収めます。自分のために掘った墓ではないかと思いますが。汚れたものを始末するだけならそのようなことをするでしょうか。ヨセフのあらわした勇気は、その程度のことではなかったはずです。

続きを読む →

4/2礼拝説教より

「わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか」

(マルコによる福音書15章)

十字架上の主イエス・キリストのお言葉です。神のひとり子が父なる神に見捨てられる者のごとく叫ばれて息を引き取られました。

これが十字架において起こった出来事です。

マルコ福音書は主のお言葉を伝え、十字架のまことの姿を語ります。そして、ここにこそ私たちの助けがある、と語ります。

続きを読む →

3/26礼拝説教より

 

「兵士たちはイエスの十字架を無理に担がせた。」

マルコによる福音書15章21節

昔、犯罪人は、見せしめのためでしょうか、自分が磔にされる十字架を背負って処刑場まで歩かされたようです。しかし、ただでさえ過酷な取り扱いを受けていたであろう犯罪人が、裁判の後に、なおむち打たれて、さらに十字架を背負って歩くというのは、大変なことでした。

多少の下り坂もあるとは言え、ゴルゴダの丘へは、長い上り坂を上っていかなければなりません。そうとうに強靱な人間でないかぎり、これを担ぎ通すことはできなかったのではないか、と思います。

兵士たちは、偶然通りかかった、キレネ人シモンという人物に目を付けて、主イエスの代わりに、十字架を背負わせたのです。

続きを読む →

3/19礼拝説教より

「おまえたちはユダヤ人の王を赦してもらいたいのか」 

マルコによる福音書25章7節

祭司長たちに扇動された群衆は、過ぎ越の祭りのたびごとに、囚人のひとりを釈放するということになっていました。その習慣にしたがって、「いつものとおりにしてほしい」と要求しはじめます。

そこでピラトは、祭司長たちが主イエスをひき渡したのは、ねたみのためであることが分かっていたので、「おまえたちはユダヤ人の王を赦してもらいたいのか」と言って、主イエスを赦そうとしました。

しかし、群衆は、「バラバを」と要求します。


続きを読む →

3/12礼拝説教より

 

主イエスが裁判をお受けになった。そのことが、詳しく記されています。

(マルコによる福音書15章1節)

 

当時、ローマの占領下にある人々は、自分たちの手で、死刑を執行することはできませんでした。それで、この地を治める責任者、総督ピラトのもとに主イエスを引いてきて、ユダヤ人にとっては最も恥ずべきこととされていた、十字架による死刑を求めたのであります。

続きを読む →

3/5礼拝説教より

ペトロは、「鶏が二度鳴く前に、あなたは三度わたしを知らないと言うだろう」とイエスが言われた言葉を思い出して、いきなり泣きだした。

(マルコによる福音書14章72節)

「いきなり」とは「投げる」という意味です。「泣き崩れた」と翻訳する聖書もあります。とても具体的に、ペトロの姿が描かれています。いったい、そのペトロの姿は何を意味しているのでしょうか。

続きを読む →

2/26礼拝説教より

「お前はほむべき方の子、メシアなのか」

マルコによる福音書15章61節

サンヒドリンでの裁判です。大祭司は主イエスに問いました。

すると、ご自分をキリストであると言明することを避けてこられた主イエスは、ここで初めて「そうです」と応え、自ら、神の子、メシア、キリストである、と表明されたのでした。

なぜ、ここにいたって表明なさったのでしょうか。それは、もはや、ご自分がキリストであるということを明言されても、誤解される心配がなくなっていた、ということでありましょう。十字架に引き渡されるということは、はっきりしている。もう間違えられることはありません。

続きを読む →