11/5の礼拝説教より

(半年ぶりの説教です。主にある友情と忍耐とをもってお支えくださった教会の皆さまに感謝し、御名を賛美いたします。)

説教 ヨハネによる福音書2章1ー11節
「水がぶどう酒に」

主イエスが最初になさったしるしです。
しるしとは、この不思議な出来事を通してイエスというお方の真実が示されているということです。
「三日目にガリラヤのカナに婚礼があって」と書き始められています。
「三日目」という言葉に目がとまります。主のご復活の日を思い起こさせます。ヨハネ福音書は、この出来事を伝えるときに、すでに、復活の光が射していたのだと、語っているようです。

カナという村は、主イエスのお育ちになったナザレのごく近く、北に歩いて2時間ほどの所にあった、と言われています。そこには、主のご家族と親しい間柄にある家があり、その一つの家庭で、婚礼が行われたのでありましょう。

当時の婚礼は、春であれば麦刈りの後に、秋であればぶどうの収穫の後に行われたと言われています。そして、祝いの宴は一週間にも及びました。


主イエスはトラブルメーカー

「イエスの母がそこにいた。イエスも、その弟子たちも婚礼に招かれた。」と記されています。

この、喜ばしい祝いの席に、ぶどう酒は無くてならないものでした。
「ぶどう酒のないところには喜びはない。」という言い草があったと伝えられています。とっておきのぶどう酒が、特別な祝いの席に振る舞われる。そして、喜びが満ちる。
普通は、最初に一番よいぶどう酒を出すのが慣わしでした。
ところが、思いがけないことが起こります。ぶどう酒が底をついてしまったのです。
ぶどう酒が尽きてしまえば、祝いの宴はおしまいです。おとめたちは踊りを踊って祝うことも出来なければ、若者、老人たちも陽気に楽しむこともできません。あたかも満ちていた潮が一気に引くように、婚礼の喜びは引いていってしまう。接待をしていた人々の、青ざめた顔が、目に浮かぶようです。

続きを読む →